煙を出さない新しいたばことして知られるようになった加熱式たばこは、右肩上がりにその販売数を伸ばしており、普通のたばこから加熱式たばこへと乗り換える人が増えています。ISMOKE(アイスモーク)はそんな加熱式たばこの1つとして、とても注目を集めている商品です。

 

加熱式たばことはどのようなものでしょうか。従来のたばこは、たばこの葉に火を付けることによって喫煙を行っていました。それに対して加熱式たばこは、たばこの葉や成分を詰めたカートリッジを本体に差し込み、加熱することによってたばこの葉に含まれるグリセリンなどを蒸気化します。

 

加熱式たばこでは、煙の代わりにこの蒸気を吸ってたばこを味わいます。加熱式たばこでは煙が出ないため、たばこの匂いを今までほど気にする必要がありません。それゆえに加熱式たばこは匂いを気にする仕事の方にも人気です。周囲に迷惑をかけることの少ない、環境や健康に優しいたばこであると言われています。

 

日本において、加熱式たばこの火付け役となった商品がIQOS(アイコス)です。2015年にフィリップモリス社がIQOS(アイコス)を発表して以来、加熱式たばこは右肩上がりに人気を広めています。それまでにも加熱式たばこは存在していましたが、スタイリッシュな見た目と健康的なイメージから、IQOS(アイコス)はすぐに加熱式たばこの主流となりました。

 

しかし、加熱式たばこのシェアを牽引してきたIQOS(アイコス)は、発売当時から幾つもの不満点が挙げられています。不満点を解消するべく、フィリップモリス社は新型IQOS(アイコス)を発表しました。ですが、加熱たばこ市場への参入を考えていた様々なメーカーは、IQOS(アイコス)の不満点を解消したIQOS(アイコス)互換機を次々に発表しました。

 

ISMOKE(アイスモーク)は、そのようにして登場したIQOS(アイコス)互換機の中で、注目を集めている加熱式たばこです。以下ではISMOKE(アイスモーク)の性能や特徴などの説明をし、ISMOKE(アイスモーク)が口コミでどのように見られているかを紹介します。

 

ISMOKE(アイスモーク)はIQOS(アイコス)互換機として登場した加熱式たばこです。IQOS(アイコス)互換機とは、IQOS(アイコス)専用のカートリッジを使用できる加熱式たばこのことです。

 

IQOS(アイコス)専用カートリッジである「ヒートスティック」は、たばこの葉をペースト状にして加工されたものが使われています。それまでに存在していた電子たばことは異なり、ニコチンを含むたばこの葉を利用しているため、個別消費税であるたばこ税の課税対象とされています。

 

加熱式たばこには独特の味わいがあるため、従来のたばことは吸い心地が変わってしまうと指摘されていました。たばこの吸い心地は、ニコチンを含んだ煙を吸い込む際にかかる喉への圧力「スロートキック」と、たばこの味や香りといった「フレーバー」によって大きく異なってきます。

 

IQOS(アイコス)は従来のたばこに「スロートキック」が近く、多くの「フレーバー」を持っていることで好まれています。しかしIQOS(アイコス)のユーザーは次のような不満点を抱えていました。

 

IQOS(アイコス)は、充電器や本体サイズが大きかったこともあり、携帯性に優れている製品ではありませんでした。また、充電池が弱りやすく、故障が多かったため、多くの利用者が不満を漏らしています。他にも味ムラを起こす場合があり、メンテナンスを頻繁に行わなければならないといった手間の面からも問題点を抱えている製品でした。そこで、注目を集めるようになったのが、問題点を解消させたISMOKE(アイスモーク)などのIQOS(アイコス)互換機です。

 

ISMOKE(アイスモーク)は、IQOS(アイコス)と同じ「ヒートスティック」を使うことによって、吸い手に満足な「スロートキック」を与えます。また、「ヒートスティック」の多彩な「フレーバー」から、好みのたばこを選択することが可能です。「ヒートスティック」はマールボロをベースにして、「レギュラー」と「メンソール」の2系統が用意されていおり、2018年4月の段階で、さらにレギュラーでは「マールボロ レギュラー」「バランスドレギュラー」「スムースレギュラー」の3種類が、メンソールでは「レギュラーメンソール」「ミント」「パープルメンソール」の3種類、計6種類の「フレーバー」から好みの味のものを選べるようになっています。

 

ISMOKE(アイスモーク)は、IQOS(アイコス)専用カートリッジであるヒートスティックを、たばこスティックとして使える加熱式たばこです。ISMOKE(アイスモーク)のようなIQOS(アイコス)代替機は、オリジナルのIQOS(アイコス)と比較して、使い勝手が増している部分があります。

 

ISMOKE(アイスモーク)は充電時間が短く、連続喫煙ができます。ISMOKE(アイスモーク)の充電時間は、フル充電までおよそ90分と短時間です。充電方法も非常に簡単で、USBケーブルをISMOKE(アイスモーク)本体に差し込むだけです。汎用性が高いUSBを使っているため、充電器の持ち運びに悩む必要もなく、携帯性が高くなっています。

 

フル充電された状態で13本のカートリッジを吸えるだけでなく、ISMOKE(アイスモーク)では連続で喫煙が可能です。吸引可能時間はたばこスティック1本あたり約3分となっています。また、充電や携帯性など加熱式たばこを選ぶポイントは色々ありますが、味が良いのかは最も大切な要素です。

 

ISMOKE(アイスモーク)ではより良い味わいを生み出すために、棒状に熱源を引き伸ばし、たばこスティックを周囲からムラなく加熱する仕組みになっています。さらに本体がスティック構造になっているので、従来のたばこと同じようなイメージで吸えます。

 

スティック型のISMOKE(アイスモーク)はサイズが長さ94ミリメートル、高さ23ミリメートル、幅18ミリメートルと非常にコンパクトなだけでなく、重さも30グラムと軽量です。場所もとらず重さも気にならないので、持ち運びにとても便利です。カラーはシックで落ち着きのあるブラックと、高級感に溢れるシャンパンゴールドの2種類から選べます。

 

さらに、スティック型の本体は直感的な操作がしやすく、カートリッジを本体に差し込み、ボタンを推すだけでたばこを味わうことができます。そのため、ISMOKE(アイスモーク)は加熱式たばこ初心者にとっても操作しやすく、使いがってのよい製品です。機械操作によるトラブルが少ないので、ストレスなくたばこを楽しめます。

 

このような特徴に加えて、ISMOKE(アイスモーク)はクリーニングがしやすい構造です。IQOS(アイコス)では頻繁にクリーニングが必要でした。その際には目詰まりを防ぐために、繊細な手入れを頻繁に行わなければなりません。ISMOKE(アイスモーク)では付属する専用ブラシを使って、擦るだけで十分に汚れを落とせます。清潔さを簡単に保てる衛生的な加熱式たばこです。メーカーは、約20本を吸い終わるごとに1度の清掃を推奨しています。

 

ISMOKE(アイスモーク)の操作はとてもシンプルで簡単です。見た目からわかりやすいスティック型の本体にスイッチが1つあるだけなので、直感的に操作をしてたばこを楽しめます。ISMOKE(アイスモーク)を使ってたばこを吸うまでの操作は次のような流れです。

 

ISMOKE(アイスモーク)は2秒以内に5回スイッチを押すと、ランプが5回転灯し電源が入り、同じように操作すると、ランプが5回転灯した後に電源がオフになります。なお、電源が入り待機中となっているときに1回スイッチを押すと、電池の残容量が表示されます。

 

電源を入れた後、ISMOKE(アイスモーク)にたばこスティックを挿入しますが、この際に奥までしっかりと差さないと味ムラなどがでるので、注意が必要です。スイッチを押し続け、たばこスティックを加熱します。表示ランプが光れば、10秒ほどでたばこスティックの加熱が完了し、吸引が可能な状態になります。なお、加熱をキャンセルする際には、スイッチを長押ししてください。

 

吸い終わったたばこスティックは、本体から取り出して携帯灰皿などに棄てます。使い終わったたばこスティックはたばこ臭が強く、高い熱を持っているため、普通ごみに棄てるのはマナー違反です。

 

灰皿もしくは携帯灰皿に棄てるように気をつけましょう。連続でたばこスティックを吸う際には、新しいたばこスティックを本体に挿入して、再びスイッチをランプが点灯するまで押してください。たばこを吸い終わったら、本体の電源をオフにします。ISMOKE(アイスモーク)の本体は、定期的な掃除が必要です。メーカーは約20本吸う事に専用ブラシで清掃をすることを推奨しています。

 

ISMOKE(アイスモーク)は公式サイトから購入でき、発送日から1ヶ月のメーカー保証が付いてきます。加熱式たばこはリチウムバッテリーを使用した機械であるため、メーカー保証が過ぎてから壊れてしまう可能性があることは否めません。そこで希望する方は、1年保証に加入することで、メーカー保証期間を1年間に伸ばせます。1年保証に加入するためには、ISMOKE(アイスモーク)注文時に申し込み、会員登録をしなければなりません。1年保証はISMOKE(アイスモーク)1台に付き2,500円が必要です。加入した場合には、正常な仕様でISMOKE(アイスモーク)に故障が発生した場合、無償で交換対応をしてもらえます。また、次回ISMOKE(アイスモーク)を買う際に使える、1ポイント1円の価値を持つポイントが、2,500ポイントもらえます。

 

さらに、ISMOKE(アイスモーク)の本体を除く付属品は、「日本語のユーザーマニュアル」「USBケーブル」「専用のクリーニングブラシ」の3つです。ISMOKE(アイスモーク)の箱内トレイにシリアルナンバーが入ったラベルが貼っています。正規輸入品にはシリアルナンバーがあるだけでなく、保証書にJANコードが記載されています。手元に届いた場合には付属品が揃っているか、正しい輸入品が送られてきたかをチェックするようにしましょう。

 

実際にISMOKE(アイスモーク)を購入した人たちの評判はどのようなものがあるでしょうか。以下では実際にISMOKE(アイスモーク)を使用している方の口コミを紹介します。

 

「ISMOKE(アイスモーク)はメンテナンスがとても楽な加熱式たばこです。IQOS(アイコス)が壊れたため、ISMOKE(アイスモーク)を購入しました。IQOS(アイコス)よりも軽く、たばこを吸う度に充電をする必要がないので気に入っています。メンテナンスがとても楽なところも気に入っています。加熱部分が見えやすいので掃除がしやすいです。専用ブラシで汚れを落とすだけで、かなり綺麗になります」

 

「加熱式たばこは味が変わると言いますが、1度加熱式たばこの味に慣れてしまうと、逆に普通のたばこの方が味も臭いも強すぎると感じてしまいます。ISMOKE(アイスモーク)は加熱部分が太めのピンタイプで刺さりがよく、安定した味でたばこを吸えます。そして何より、メンテナンスのしやすさに驚きました。キャップを外すだけで加熱部分を露出させられるので、とても掃除がしやすいです」

 

ISMOKE(アイスモーク)はメンテナンスに優れているという意見が多く見られます。ICOS(アイコス)など従来の加熱式たばこは、メンテナンスの手間や連続吸いができないことが、手軽にたばこを楽しみたいユーザーには大きな不満となっていました。ISMOKE(アイスモーク)はその点が解消されている点が魅力です。さらに、充電については次のような感想もあります。

 

「ISMOKE(アイスモーク)を選んだ理由は、IQOS(アイコス)と違い、充電を毎回せずとも吸える加熱式たばこが欲しかったからです。すっからかんの状態からフル充電するまで90分で済みます。モバイルバッテリーでの充電もできるので、ISMOKE(アイスモーク)だけを持ち歩いても大丈夫です。連続でたばこスティックを吸えるので、メインの加熱式たばことして使えると感じました」

加熱式たばこは充電時間が長いため、日々の使用には不便と考える人が多くいました。ISMOKE(アイスモーク)の充電は90分間と短く、USBケーブルで充電できるのも良いポイントです。

 

また、次の意見のように、ISMOKE (アイスモーク)は携帯性にも優れていると感じているユーザーが多いようです。

 

「IQOS(アイコス)からの買い替えを考えていて、価格が安いISMOKE(アイスモーク)を買いました。当初IQOS(アイコス)よりもかなり大きいサイズなのかと思っていましたが、実際のISMOKE(アイスモーク)はとてもコンパクトで驚きました。持ち歩きに便利なサイズです。連続でたばこスティックを吸うことができるところが気に入っています。風味はIQOS(アイコス)と少し変わりますが、私は好きな味です」

 

「非常に軽く、スティック型なので、まるでライターや普通のたばこを持ち歩いているかのように携帯できる加熱式たばこです。長時間の外出時には少しバッテリーが心配ですが、USBで充電ができるので困っていません」

IQOS(アイコス)互換機は沢山発売されており選ぶのは難しいかもしれません。その中で、メンテナンスなどが簡単で、より手軽に扱える加熱式たばこを探しているなら、ISMOKE(アイスモーク)は画期的な製品かもしれません。加熱式たばこ選びに迷っているなら、試してみてはいかがでしょう。

アイスモークの口コミも是非ご覧ください。